• Topic 主题 トピック Topic Topic
  • Sign in

商品レビューアプリ

商品レビューを使用すると、お客様が注文した商品にコメントを残すことができます。

商品レビューアプリは、次のような方法でストアをサポートできます:

  • 潜在的な顧客は他の顧客のコメントや評価を閲覧することで、製品をより包括的に理解できます。
  • 顧客レビューを増やすことで、より多くの消費者をストアで商品を購入するように引き付けることができます。
  • レビューを設定し、配置を調整することで、顧客レビューをより簡単に管理できます。
  • 一括インポートされたレビューは、顧客の信頼を高めるのに役立ちます。

 

目次

 


 

この機能へのアクセス

お客様が注文した商品にコメントを残せるようにするには、まずプラグインをインストールする必要があります。 商品レビューをインストールするためにSHOPLINEアプリストアを訪れてください。

1.1.png

システムは自動的に商品レビューアプリのメインページにリダイレクトします。ここでレビューレイアウトの基本設定を完了できます。

1.2.png

 


 

ホーム

ホームページには、レビューデータ、最新のレビュー、最新のメッセージが表示されます。データやレビューリストを表示することで、製品レビューをリアルタイムで監視し、対応することができます。

  • レビューデータモジュールでは、過去30日間、過去90日間、過去1年間のレビューデータをフィルタリングできます。これには、顧客レビュー、画像付きレビュー、画像なしレビュー、作成されたレビュー、メッセージのデータが含まれます。
  • 過去180日間に追加されたレビュー/メッセージを表示できます。最新のレビューに対しては、手動またはAI(トライアル用にストアオーナーにお問い合わせ)で返信し、レビューを非表示または削除するかどうかを選択できます。
    2.0.png

 


 

基本設定

商品レビュー プラグインをインストールした後、必要に応じて基本的なレビュー設定を行う必要があります。基本設定の方法については、設定 に進み、以下のガイドに従ってください:

機能を有効にする

  • 商品レビューを有効にする: ストアからのレビュー情報を表示するかどうか、最初のレビューを受信した際にメール通知を受け取るかどうかを選択できます。
  • メッセージボードを有効にする: この機能をオンにすると、ユーザーは製品に関する質問をメッセージボード経由で行うことができ、最初のレベルのメッセージを受信した際にメール通知を受け取るように設定できます。
    3.1.png

自動的に評価を公開する

この機能をオンにすると、評価基準を満たすレビューは自動的に公開されます。

3.2.png

ユーザー評価の閾値

ユーザーレンジを含むレビューと顧客フィードバックの公開の閾値を設定できます。閾値には、制限なしログイン済みこの商品を購入済みのログインユーザー などがあります。
3.3.png

レビューを行ったユーザーのフルネームを表示する

この機能をオンにすると、ストアのウェブサイトにレビューを行ったユーザーのフルネームが表示されます。
3.4.png

商品レビュータイトル

トグルをオンにすると、ユーザーは評価を行う際に評価タイトルを入力できます。 評価タイトル はオプションです。機能がオフになっている場合、レビュータイトル を含む過去のレビューがある場合は、それらが引き続き表示されます。

また、結果の表示 セクションでプレビューを確認できます。

3.5.png

優れたレビュー

優れたレビューを自動的にタグ付けする条件を設定できます。対象となるレビューは、「優れたレビュー」のタグが自動的に付けられ、新しいユーザーがそれらを表示するように引き付けられます。
3.6.png

AI評価管理

スマートフィルターを起動 トグルを有効にすると、レビューコンテンツと製品IDがAIに送信されデータ分析されます。このプロセスでは、レビュータグが完了後にストアに直接表示されます。

表示効果の理解 をクリックすることで、表示効果のプレビューを確認できます。

また、AIネガティブレビューモニタリングを有効にするトグルをオンにすることもできます。この機能をオンにすると、ストアの評価コンテンツがデータ分析のためにAIに同期されます。過去のデータ処理時間はデータ量に依存し、新しいデータは毎日定期的に処理されます。

3.7.png

ヘルプカウントと評価返信設定

ヘルプカウントとレビュー返信表示を有効にすると、ヘルプカウントとレビュー返信機能が、レビューコレクションコンポーネント、レビューリストコンポーネント、レビューコレクションページ、およびレビューポップアップウィンドウに表示されます。

また、カスタマークリックヘルプ閾値設定セクションでクリックヘルプ閾値を設定し、よく使う返信テンプレートをカスタマイズセクションでよく使う返信を5つ設定することで、購入者への返信をより便利かつ迅速に行うことができます。

3.8.png

メッセージボード設定

このセクションでは、顧客がメッセージを投稿し、メッセージの質問に回答するための閾値を設定できます。

3.9.png

 


 

レビュー表示

レビュー表示モジュールでは、リストウィジェットレビューコレクションスターウィジェット、およびカスタマイズウィジェットを設定できます。

リストウィジェットとレビューコレクションのカスタマイズ

PCおよびモバイルでレビューリストとレビューコレクションコンポーネントの外観をカスタマイズできます。SHOPLINEでは、シングルカラムレイアウト、マルチカラムレイアウト、グリッドレイアウトの3つのレイアウトを選択してカスタマイズできます。
4.1.1.png

4.1.2.png

スターウィジェットの設定

  • スターウィジェットの配置: 製品詳細ページの製品タイトルの下、および製品リストページの製品価格の下に表示できます。
  • スターカラーを選択(製品にレビューがない場合は自動的に非表示になります): この色は優れたレビュータグにも適用されます。
    4.2.png

カスタマイズウィジェットの設定

SHOPLINEでは、レビューコンポーネントのスタイルをより柔軟に変更するために、レビューコードを編集することができます。
4.3.png

 


 

商品レビュー

すべてのレビューとメッセージを表示し、レビュー/メッセージを作成し、レビューを一括インポートできます。

すべての商品レビューのリスト

  • 各商品のレビューデータを表示できます。平均評価、公開レビュー、非表示レビュー、ユーザーレビュー、作成されたレビュー、メッセージの数量が含まれます。レビューとメッセージボードをオンにするかどうかを選択できます。
  • 商品レビューリスト内の対応する商品行をクリックすると、商品レビューの詳細を表示できます。商品のすべてのレビュー、レビュアー、内容、いいねの数、レビュー日などが含まれ、レビューを公開にするかどうかを選択できます。
    5.1.1.png
    5.1.2.png

商品レビューの一括インポート/エクスポート

  1. 単一商品にレビューを一括追加したい場合は、商品レビュー > レビューをインポート をクリックして、一括インポートテンプレートをダウンロードしてください。
    5.2.1.png
  2. ダウンロードしたテンプレートを開き、フォーマット規格に従ってフォームに記入してください。.xls、.xlsx、.csv ファイルのみサポートされ、ファイルサイズは 40 M を超えてはいけません。
  3. 更新されたファイルに正しいレビューと修正が必要な不正確なレビューが含まれている場合、正しいレビューは通常通りインポートされますが、不正確なレビューはブロックされます。
    5.2.3.png
  4. 単一商品に対してレビューを一括エクスポートしたい場合は、商品レビュー > レビューをエクスポート をクリックして、エクスポートしたいレビューの範囲を選択してください。
    5.2.4.png
  5. インポートとエクスポートが完了した後、インポートエクスポート記録 で完了ステータス(成功/失敗比率)を確認できます。
  6. 失敗した理由を表示するには、失敗記録 をクリックしてください。
  7. インポート/エクスポートされた Excel スプレッドシートを表示するには、すべてエクスポート をクリックしてください。
    5.2.7.png

 


 

レビューリクエストメール

購入した商品のレビューを招待するために、レビューリクエストメール 機能を設定できます。

  • 自動レビューリクエストを有効にする: オンにすると、予定された時間にユーザーのメールアドレスにメールが送信され、ストアで商品を購入したユーザーを商品のレビューに招待します。
  • 割引コードリワードを設定する: オンにすると、対象のレビューを行ったユーザーに割引コードリワードが送信されます。SHOPLINE では、ランダム割引コード固定割引コード の2種類の割引コードリワードを提供しており、ストアのニーズに応じてどちらかを選択できます。
    6.2.png
注意: 割引コードリワードの取得条件をカスタマイズすることもできます。評価や画像付きのレビューなどの条件を設定して、割引コードを送信するかどうかを決定できます。

 

  • メール通知を有効にする: メールの編集をクリックして、メールプレビューページに入力します。左側のメニューで編集およびプレビューしたいモジュールを選択します。以下のモジュールを編集できます: メール件名ロゴメールコンテンツ商品リストボタンリッチテキスト。編集したいモジュールを選択します。
    6.3.png
注意: ユーザーが一度に複数の商品を購入した場合、ユーザーには1つのレビューリクエストメールのみが送信されます。メールには、ユーザーが購入した各商品のためのレビューエリアがあり、ユーザーが書いたレビューは自動的に対応する商品のレビューコレクションにも含まれます。したがって、ユーザーが一度に複数の商品を購入した場合に複数のレビューリクエストメールを受け取ることや、商品のレビューが適切な場所にアーカイブされないことを心配する必要はありません。

 

  • レビュー手順: レビューの紹介は、わかりやすく魅力的な指示で顧客にレビューを残すよう促すことができます。顧客がレビューリクエストメールのリンクをクリックしてレビューを書くと、テキストがプロンプトとして表示されます。
    6.4.1.png
    設定を構成した後、プレビュー機能でコンテンツをプレビューできます。
    6.4.2.png

 


 

統合: Google 商品レビュー同期

ストアのGoogle 商品レビュー同期がオンになっている場合、ストアの商品レビューをGMCにフィードとしてアップロードし、最新データが毎日早朝に自動的に更新されます。同期URLを取得した後、GMCの設定時に対応するURLを入力し、商品レビューを同期できます。

注意: 商品レビューの同期により、商品情報フィールドであるGTINMPNフィールドを設定できます。これら2つのフィールドを同期する際には注意してください。一部のストアオーナーから、これら2つのフィールドを同期した後、商品がGMCによって自動的にクリアされ、広告がブロックされる可能性があると報告されています。

 


 

おすすめのベストプラクティス

レビュー表示戦略

ユーザーは、2つの経路を通じてあなたのストアのウェブサイトに入ります: 検索やおすすめを通じてホームページに入るか、広告を通じてランディングページ(商品詳細ページ)に入ります。そのため、ホームページと商品詳細ページでのユーザーレビューの表示スタイルは特に重要です。ホームページでは、レビューコレクションページに表示することができます。ランディングページや商品詳細ページでは、商品に特有のすべてのユーザーレビュー(評価と詳細なレビューコンテンツを含む)をリスト形式で表示する必要があります。

既存のユーザーにレビューの投稿を依頼する

他の場所からレビューをインポートするだけでなく、Product Reviewプラグインを使用して、レビュー依頼メールを設定し、お客様に実際のレビューをより多く書くように促し、ガイドすることができます。また、上記の戦略を使用して適切な形式でレビューを表示することで、ユーザーの信頼を迅速に獲得し、転換率を向上させることができます。

口コミ(WOM)マーケティング戦略

一般的に、高価な商品の場合、効果が確認されるにはある程度の時間がかかるため、お客様からの良い評判は非常に重要です。ただし、信頼を得るためには、ユーザーレビューと口コミマーケティングはすべての商品に適用されます。

90%以上のショッパーが商品のレビューを閲覧または分析してから購入します。さらに、研究によると、レビューの信頼度はウェブサイトの他のコンテンツよりも高いです。

ソーシャルメディア上のお客様のレビューや評判は、製品やサービスを評価するための迅速な手段です。したがって、ウェブサイト上のレビューとソーシャルメディア上の評判(ソーシャルプルーフ)の管理に重要性を置く必要があります。また、Instagram Feedアプリをインストールして、ウェブサイトのホームページにInstagramの写真ウォールを追加することもできます。これにより、既存のユーザーからの製品レビューや写真を初めての訪問者に表示することができます。

製品やサービスの欠点についてユーザーのフィードバックを迅速に収集するために、ソーシャルメディアでフィードバックキャンペーンを開始することさえできます。これがDTCの本質です: 消費者と直接つながり、積極的にフィードバックを聞くことです。

ユーザーレビューは製品の評価を直感的に明らかにします。高価値商品の場合、高いリピート購入率を持つ商品に対しては、口コミマーケティングは非常に重要なマーケティング戦略です。

口コミマーケティングの鍵は、実際の人物に、製品がもたらした実際のショッピングの旅、体験、価値を魅力的なストーリー形式で説明できることです。以下のスクリーンショットは、WOMマーケティングを実装したLuxyHairのウェブサイトデザインの事例です。ウェブサイトは、製品が顧客の生活に実際の変化をもたらした実際のストーリーを伝え、ユーザーエクスペリエンスをショーケースする入口を提供しています。ユーザーは製品の使用体験を共有し、信頼を築きやすくなります。

上記の手順を完了すると、製品レビューの管理ができるようになります。

AliExpress、Shopify、Amazonなどの3つの主要プラットフォームから製品レビューを収集したい場合は、複数のプラットフォームからのレビューの収集をご覧ください。

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント