• Topic 主题 トピック Topic Topic
  • Sign in

顧客リストの一括インポート

外部で管理している顧客リストをSHOPLINEストアに追加したい場合、手動で一人ずつ追加する代わりに、xlsx、xls、またはCSVファイルを使用して一括でインポートすることで時間を節約できます。Shopifyストアを運営している場合、Shopifyの顧客リストをSHOPLINEの仕様に合わせて準備し、対応するファイル形式で保存してください。その後、ファイルをSHOPLINEにインポートし、顧客ページで顧客を管理および編集できます。

また、ファイルをインポートすることで複数の顧客情報を一度に更新することも可能です。詳しくは《関連記事》をご参照ください。

SHOPLINEでは、複数の顧客をインポートするための第三の方法も提供しています。「マルチプラットフォームストア移行ツール」を使用して、ShopifyストアをSHOPLINEに移行できます。このツールを使用すると、商品、顧客データ、ブログ、カスタムページ、その他の情報を含むShopifyストアのデータをSHOPLINEに移行できます。詳細は《関連記事》をご参照ください。

 

目次

 


 

テンプレートのダウンロード

まず、顧客テンプレート(xlsxファイル)をダウンロードします。このテンプレートには、SHOPLINE管理画面にインポート可能な必要な顧客情報がすべて含まれています。既にインポートファイルが準備できている場合は、このステップをスキップできます。

  1. SHOPLINE管理画面で「顧客」ページに移動します。
  2. 右上の「インポート」メニューをクリックし、ニーズに応じて「ローカルからインポート」または「Shopifyからインポート」を選択します。ストアにまだ顧客がいない場合は、それぞれ「Excel経由で一括インポート」と「Shopify顧客をインポートする」が表示されます。

    1.2.1.png
    1.2.2.png

  3. ポップアップウィンドウでテンプレートをダウンロードします。テンプレートの名前は「Customer Import Template.xlsx」です。

    1.3.png

 


 

テンプレートのアップロード

次に、テンプレートに顧客データを入力します。Shopifyの顧客をSHOPLINEにインポートする場合は、まずShopify管理画面から顧客データをエクスポートしてください。テンプレートの例を参考にしてフィールドを埋めてください。各フィールドの詳細については、以下の「フィールドの理解」をご参照ください。

テンプレートに顧客データを入力してアップロードする手順:

  1. SHOPLINE管理画面で「顧客」に移動します。
  2. 右上の「インポート」メニューをクリックし、必要に応じて「ローカルからインポート」または「Shopifyからインポート」を選択します。ストアにまだ顧客がいない場合は、それぞれ「Excel経由で一括インポート」と「Shopify顧客をインポートする」が表示されます。
  3. アップロードボックスをクリックしてファイルを選択するか、ファイルをドラッグ&ドロップしてアップロードします。
    【注意】ファイルサイズは10MBを超えないようにしてください。
  4. (オプション) 「同じメールまたは電話番号をしようしている既存顧客の場合、データを上書きする」オプションを選択できます。有効にすると、インポートされたファイルの顧客のメールアドレスや電話番号が既存の顧客と同じ場合、既存の顧客情報は注文および支払い情報を除いてインポートされた情報で上書きされます。無効の場合、インポートされたファイルの顧客情報はスキップされ、SHOPLINE管理画面の情報は更新されません。

    2.1.4.png

  5. 完了したら、[インポート] をクリックします。

一括インポートの進捗確認:

  1. 一括インポートの進捗を確認するには、以下のいずれかの方法で「一括処理の進捗」ページにアクセスします。
  • [インポート] をクリックした後にページの右上に表示されるポップアップの「一括処理の進行状況」をクリックします。

    2.2.1.1.png

  • 管理画面の右上にあるアカウントプロフィールをクリックし、「一括処理の進行状況」を選択します。

    2.2.1.2.png

  1. キューでインポート記録を見つけ、ステータスと結果を確認します。インポートが失敗した場合は、「失敗履歴」をクリックして、失敗の具体的な理由を提供するレポートをダウンロードできます。「すべて」をクリックすると、インポートしたばかりのxlsxファイルがダウンロードされます。検索を絞り込むには、「実行失敗」または「一部失敗」を使用してインポートを迅速に見つけます。

    2.2.2.png

 


 

フィールドの理解

以下の表は、顧客テンプレートファイルに含まれるフィールドとその説明を示しています。テンプレート内の例の顧客情報をガイドとして参考にしながらフィールドを埋めてください。

注意事項:

  • テンプレートをアップロードする前に、2つの例の顧客情報を削除してください。
  • メールアドレスまたは携帯電話番号のいずれか一方を必ず入力してください。
  • 残りのフィールドは任意です。
  • インポートされた顧客住所を有効な配送先住所として使用したい場合は、以下のフィールドを入力してください。

    必須および任意フィールド:
    • 会社名(任意)
    • 住所1
    • 住所2(任意)
    • 市区町村
    • 都道府県
    • 都道府県コード
    • 国コード
フィールド名 説明
顧客の名前。
顧客の姓。
メールアドレス 顧客のメールアドレス。他の顧客のメールアドレスとは異なる一意のものを入力してください。有効なドメイン名が必要です(例:example@shopline.com)。
メールマーケティングの受信可否

顧客がマーケティングメールの受信を許可するかどうかを示します。有効な値は「yes」または「no」です。顧客がマーケティングメールを受信する場合は「yes」、受信しない場合は「no」と入力してください。

会社名 顧客の会社名(該当する場合)。
住所1 市区町村に続く、顧客の主要な住所。
住所2 顧客の補助的な住所(必要な場合)。
市区町村 市の名前、例:OttawaまたはBerlin。
都道府県 顧客の都道府県。

都道府県コード

都道府県のISOコード。
詳細はこちらのISOコードをご参照ください。

顧客の国または地域の名前。
国コード

国または地域のISOコード。

詳細はこちらのISOコードをご参照ください。

郵便番号 顧客住所の郵便番号。

電話番号

顧客の電話番号。SHOPLINEは様々な形式をサポートしています。
例: 6135551212、+16135551212、+1 613-555-1212
SMSマーケティングの受信可否

顧客がSMSマーケティングの購読を許可するかどうかを示します。有効な値は「yes」または「no」です。顧客がSMSマーケティングを受信する場合は「yes」、受信しない場合は「no」と入力してください。

累計支出額 顧客が累計で支出した金額。通貨記号を除いて入力してください。
累計注文数 顧客が行った累計注文数。
タグ 顧客をカテゴリ分けおよび整理するためのタグ。
  • 複数のタグは英語のコンマで区切ってください。
  • このフィールドは大文字と小文字を区別しません(例: "ABC" と "abc" は同一と見なされます)。
  • 各タグは最大100文字、各顧客に最大100タグ、全タグの合計文字数は最大1000文字までです。
備考 顧客に関するメモ。顧客の詳細ページの備考欄に表示され、顧客には見えません。<br>最大600文字まで入力可能です。
非課税 顧客が免税対象かどうかを示します。有効な値は「yes」または「no」です。
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント