• Topic 主题 トピック Topic Topic
  • Sign in

フローカウンター

Flow Counterは、ストア内の特定商品の数やイベントの頻度をカウントする機能を提供し、ニーズに合った個人用統計データを取得できます。

 

目次

 


 

カウンターとは何ですか?

カウンターとは何かを説明する前に、カウンターが役立つシナリオから始めましょう。

シナリオ:ストア内の各商品の販売数をカウントします。商品の販売数が100個を超えると、「ベストセラー」としてマークされ、スタッフに対してさらなる対応を促す内部メールが送信されます。

上記のシナリオから、カウンターの3つの役割が明らかになります:

  • 統計分析の実施:
    • カウントしたい対象を定義し、カウントルールを自由に設定できます。
    • 特定の商品の数やイベントの頻度をカウントするのが一般的です。
  • 結果データは、ワークフローを進めるかどうかを決定するための基盤として役立ちます。
  • このデータは他のシナリオでも使用できます。

 


 

カウンターを使用できるシナリオ

ストアの運営戦略に応じて、カウンターは幅広いシナリオで使用できます。

Flow Counterは、便宜のためにさまざまな一般的なカウンターシナリオテンプレートを提供し、人気のあるテンプレートや新興テンプレートを継続的に更新しています。

以下の手順に従ってテンプレートを取得してください:

  1. Flow Counterから、最も人気のある自動化テンプレートを見つけます。
  2. すべてのテンプレートを表示をクリックしてプレビューページに移動します。
    cb6f45ea-18dd-4295-93e0-fa8d602f70fb

  3. 左側のメニューから、カウンターを見つけます。
    356837df-4309-43cb-bf4c-5b86f3005e41

Flow Counterが提供する最も一般的なカウンターシナリオテンプレートは以下の通りです:

  • テンプレート1:ベストセラーを特定するための商品販売数のカウント
    4d57dc2f-1ce6-481d-a84c-eea038028e55

  • テンプレート2:国別の注文数をカウント
    266c06c5-446d-4e2e-8e27-16bede2effd0

  • テンプレート3:メール購読者数をカウント
    64d8f4de-4764-43fd-b3f4-5d3b22891a73

テンプレート4:1,000米ドル以上を費やした顧客数をカウント
FAQ_FlowCounter_Counters_Template_USD1000.png


 

カウンターの設定

カウンターの作成

Flowワークフローでカウンターを作成する必要があります。以下の手順に従ってください:

  1. Flow Counterでカスタムワークフローを作成します。
    be370e75-c0b8-4719-814f-563d69b55067

  2. ワークフロートリガーを設定した後、アクションを追加し、カウンターの更新を選択します。
  3. アクション設定には2つのパートがあります:カウンター名を選択して調整する内容を決定し、カウンター値を設定して調整方法を決定します。
    2a92f740-60c4-4a02-af24-5577ef82c39c

  • カウンター名の設定は2つのカテゴリに分かれます:
    • ダイナミックカウンター:名前に動的変数を含むカウンター。たとえば、「商品固有の販売カウンター」では、各注文には異なる商品が含まれる場合があります。したがって、更新が必要なカウンターは異なる場合があります。 カウンター名に変数を追加する必要があります。変数を追加するには、Xをクリックします。
      3121e16d-283d-4b13-a219-cc803edd60b4

    • スタティックカウンター:名前に変数を含まないカウンター。たとえば、「メール購読者のカウント」は、メールに登録したユーザーの数をカウントします。 単に設定したカウンター名を入力します。
      8faa7680-1d7b-4a28-9455-77fc1a2959e7

  • カウンター値の設定は2つのカテゴリに分かれます:
    • 調整する値が動的です。つまり、調整値は動的変数です。 たとえば、「商品固有の販売カウンター」では、各商品の販売が注文ごとに異なるため、更新が必要な値も不確定です。 更新する値は、対応する注文の各商品の実際の販売数を反映する必要があります。 値に変数を追加する必要があります。変数を追加するには、Xをクリックします。
      352b660c-ad3b-44a3-860d-178725d9a21f

    • 調整する値が静的です。つまり、特定のイベントが発生すると、固定値が追加/減算されます。 たとえば、「メール購読者のカウント」は、メールに登録したユーザーの数をカウントします。 このシナリオでは、固定値の1が追加されます。
      92debf76-5145-4298-9121-4517f504dc7b

  1. 上記の手順を完了した後、ワークフロー操作の設定に従ってカウンター値が更新されます。
注意:入力したカウンター名が新しい場合、ワークフローはカウンターを自動的に作成し、初期値を0に設定します。カウンターが初めて更新されるとき。

 

ワークフロー条件としてのカウンターの使用

各カウンターの結果は、ワークフロー内で条件として使用され、アクションが実行されるかどうかを決定するために使用できます。以下の手順に従ってください:

  1. ワークフローに条件を追加するには、特別な条件を選択し、カウンターの値を条件として使用します。
    6b53e07d-5173-45f8-8915-e25baf348bcb

  2. 条件として使用するカウンターを決定するためにカウンター名を入力します。カウンター名は正確である必要があります。静的カウンターを使用する場合は、その名前をコピーして貼り付けます。動的カウンターを使用する場合は、変数とカウンター名をコピーして貼り付けます。
  3. 次のステップに進む条件を特定するために予想されるカウンター値を入力します。
    3d224413-9013-4379-acfb-385eccd6a208
    93106530-d82b-48e2-bf12-55193428570d

  4. ワークフローがこの条件に進むと、リアルタイムのカウンター値に基づいて判断が行われます。

カウンター結果の表示

すべてのカウンター結果を「カウンター管理」ページで表示できます。以下の手順に従ってください:

  1. Flow Automationの一番下にあるカウンターを見つけ、管理をクリックします。
    5987ff81-4e34-421a-82d3-d0e24233308c

  2. 「カウンター管理」ページでは、作成されたすべてのカウンター、現在の値、および最新の更新時刻を表示できます。

オフラインデータが必要な場合は、必要なカウンターを選択してエクスポートをクリックします。Excel形式のオフラインデータを取得できます。
4d4666a5-83a4-44dc-9d6e-8196c03692ed

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント