• Topic 主题 トピック Topic Topic
  • Sign in

サイズチャートのガイド

 

SHOPLINE App Storeのサイズチャートアプリを使用すると、商品のサイズ情報を管理および表示し、顧客が希望するサイズを選択するのに役立ちます。明確なサイズ情報は、顧客の購入コストを削減し、さらに製品の購入率を向上させるのに役立ちます。製品のサイズ情報については、サイズチャートを構成することで、顧客体験を向上させることができます。

 

目次

 


 

主な機能

SHOPLINE管理パネルから、アプリをクリックし、アプリストアサイズチャートを検索して、以下の主な機能を備えたアプリをインストールします:

  • 豊富な商品詳細ページ: サイズチャートが使用する商品詳細ページは魅力的で、より完全な情報を表示できます。サイズチャートはワンクリックで構成できます。
  • 製品管理の効率向上: サイズチャートは、衣料品の販売業者が複数の製品のサイズを一度にカバーする製品サイズの一括管理を容易にします。
  • カスタム表示位置: サイズチャートは、製品仕様または製品説明に表示されるなど、多様な表示位置をサポートします。
  • 迅速なインポートとコピー: サイズチャートは、シートからサイズチャートをインポートしたり、サイズチャート情報を構成シートにコピーして迅速に貼り付けることをサポートします。
  • 異なる国のサイズ情報の構成: サイズチャートの国別列を作成することで、各国/地域がより適切なローカライズ表示のために特定のサイズを表示できます。
    1.png

 


 

サイズチャートの作成

アプリをインストールした後、以下の手順に従って効率的にサイズチャートを作成できます:

  1. サイズチャート管理ページで、作成ボタンをクリックします。
    2.1.1.png
  2. サイズチャートテンプレートポップアップウィンドウで、実際のニーズに基づいて利用可能なテンプレート(ロンパース、ドレス、靴など)から選択するか、柔軟に編集するために空白のサイズチャートを作成します。
    2.1.2.png
  3. テンプレートを選択した後、後で管理しやすいように現在のサイズチャートに名前を付けることができます。
  4. (オプション)空白のサイズチャートを使用する場合、サイズチャートの編集セクションモジュールを追加をクリックし、サイズチャートのタイプを決定します(利用可能なオプション:シート、クロスタブ、説明、画像)。
    2.4.png
注意:SHOPLINEは現在、1つのサイズチャートにシート、クロスタブ、リッチテキスト、画像を追加する機能をサポートしています。必要に応じて使用できます。

 


 

サイズチャートの編集

作成したサイズチャートでは、以下の手順に従って製品のサイズ情報を入力または編集できます:

  1. 製品の対応するサイズを設定します:
  • 手動:データを1つずつ入力します。
    3.1.1.png
  • 貼り付け:外部形式の関連サイズチャートをコピーし、残りのサイズチャートに貼り付けます。
    3.1.2.png
  • インポート:サイズチャートの右上隅にあるインポートアイコンをクリックして、テンプレートに従ってサイズチャート情報を入力します。
    3.1.3.png
注意事項
  • インポートテーブルは50行と50列をサポートしています。
  • 1つのフォームは最大19文字までサポートしています。
  • クロスサイズチャートの最初の列と最初の行は、それぞれインポートフォームの最初の列と最初の行に対応しています。

 

  1. 単位設定:
    サイズチャートエリアに移動し、単位設定をクリックして、現在のサイズチャートの単位情報を設定します。サポートされる単位タイプには、長さ、重量、体積が含まれます。デフォルト単位を設定し、お客様が異なる単位タイプを自動的に変換できるようにするために単位を変換できます:
  • 単位タイプが長さで、デフォルトまたは変換単位にFTまたはIN単位が存在する場合、FTまたはINでサイズ形式を自動表示をチェックできます。
  • 単位タイプが長さで、デフォルトまたは変換単位にFT単位が存在する場合、FTからFT+INにサイズ形式を自動変換をチェックできます。
    3.2.png
注意: FTからFT+INにサイズ形式を自動変換するには、FTまたはINでサイズ形式を自動表示する必要があります。

 


 

スタイルと位置の編集

作成したサイズチャートのスタイルを編集したり、表示位置を設定することができます。以下は手順です:

  1. スタイル:
  • コピー: サイズチャートのコンテンツをカスタマイズし、最大20文字までサポートします。
  • フォントサイズ: チャートエントリーテキストのフォントサイズをカスタマイズできます。
  • スタイル: 太字、斜体、下線をサポートします。
  • フォント: テーマに従うカスタマイズ をサポートします。
  • アイコン: オンラインストアに表示されるアイコンの設定をサポートします。または必要に応じてカスタマイズできます。
  • 寸法: アイコンの寸法の設定をサポートします。
  • : テーマに従うカスタマイズ をサポートします。
注意: 構成に基づいてサイズチャートのエントリースタイルと表示効果を表示できます。実際の効果は製品詳細ページによって異なります。SHOPLINEの一部のテーマとサイズチャートのスタイルの互換性問題が発生する可能性があるため、構成後にスタイルが期待どおりかどうかを確認するために製品詳細ページに移動してください。

 

  1. 位置設定:
  • 複数の規格商品: サイズチャートを製品オプションの右側または下部、または製品説明に表示します。
  • 規格のない商品: サイズチャートを製品オプションの右側、数量セレクターの下、または製品説明に表示します。

 


 

関連商品または分類

サイズチャートを構成した後、特定の商品やカテゴリ、または現在の商品の仕様と関連付けることができます:

  1. 関連する仕様:
  • サイズチャートは選択した商品の対応する仕様に表示されます。規格のない商品を選択した場合、チャートは説明に表示されます。
  • 適用商品の規格オプション > オプションを選択 に移動し、現在のストア内の商品のすべての既存の仕様が表示される仕様を選択 ポップアップウィンドウが表示されます。名前で仕様を検索できます。
    5.1.1.png
  • 規格のない商品を選択した場合、サイズチャートを規格のない商品に関連付け、そのサイズチャートの表示位置を表示設定 で設定できます。
    5.1.2.png
  1. 適用商品:
  • すべての商品
  • 商品を選択
  • カテゴリを選択

サイズ推奨の設定

身長、体重などを入力すると、お客様にサイズを迅速に推奨できます:

  1. 「サイズ推奨」セクションで、「今すぐ設定」をクリックしてサイズ推奨情報を構成します。
    6.1.png
  2. 「サイズ推奨」ページで:
  • サイズ推奨名: 推奨サイズチャート名を編集し、例えば、サイズアシスタントとして構成します。
  • 説明: お客様に身長、体重などの情報を入力するよう案内するコピー。
  • ボタンテキスト: ボタンテキストの設定をサポートします。
  1. 構成後、右側の「サイズ推奨プレビュー」で実際の効果を確認できます。
    6.3.png
注意: サイズ推奨を使用するには、現在のサイズチャートに新しいクロスタブを追加する必要があります。追加が成功した後、対応するクロスタブを選択してサイズ推奨を設定できます。
  1. ソースチャートを変更します。
    6.4.png
  • 「サイズ推奨」構成ページでは、「ソースチャートを変更」ボタンをクリックして引用元チャートを調整できます。
  • 現在のサイズチャートにクロスサイズチャートが1つしかない場合、調整はできません。2つ以上のクロスサイズチャートがある場合は、引用されたクロスサイズチャートを調整できます。

列の切り替え - 異なる国のサイズを設定

異なる国の情報を切り替え、異なるサイズの習慣に対応するために、列の切り替えを構成できます:

  1. 「サイズ」列を右クリックし、「切り替え列を追加」を選択します。
    7.1.png
  2. 国の情報とサイズを入力して表示を切り替え、右クリックして「左に列を追加」または「右に列を追加」を選択します。
    7.2.png
  3. 現在のチャートヘッダーに入力された情報は、デフォルトの表示国切り替えで自動的に表示されます。
    7.3.png
  4. 「製品サイズ仕様を上書きするための列の切り替え構成」をチェックします。これにより、対応する製品仕様の値が上書きされ、設定した国の対応するサイズが表示されます。
    7.4.png

 

サイズチャートの設定

サイズチャート管理パネルの設定ボタンをクリックして、サイズチャートの特定の表示ページと動的識別表示を設定できます:

8.1.png

  • 動的サイズチャート:
    • 動的サイズチャートを設定すると、サイズチャートは、顧客が対応するサイズの仕様を見ることを選択したときに、現在のサイズに対応する長さ、幅、高さの情報を自動的に識別して表示します。
    • 動的サイズチャートを設定することで、モバイルとデスクトップで動的サイズチャートを表示するかどうかを決定できます。
  • サイズチャートの設定:
    • 複数のストアを管理している場合や、eコマースに従事するパートナーとサイズ情報を共有したい場合は、パスワードを使用できます。
    • パスワードは、英語と数字を含む少なくとも8文字である必要があります。
    • 元のストアドメインは、現在のSHOPLINEブラウザで表示されているものであり、通常はhttps://{store-name}.myshopline.comです。
  • 表示ページの設定:
    • 表示ページの設定の下で、オンラインストアのページ、製品関連ページ、その他のストアページ、およびカートに追加ボタンのポップアップ(モバイル)にサイズチャートを表示するかどうかを設定できます。

 


 

サイズチャートの同期

他のストアにサイズチャートがある場合、それを現在のストアに同期させたい場合は、サイズチャートの同期を介してコピーできます:

  1. 対応するストアを開き、ドメインを取得します。
  2. ストアの対応するサイズチャートリストの右上にある設定をクリックして、パスワードをコピーします。
  3. 同期されたサイズチャートの表示位置を調整します。製品や仕様などに適用されます。
    9.3.png

 


 

多言語コピーの修正

異なる言語用に異なるサイズチャートコピーを修正できます。例えば、サイズチャートを英語でサイズに変更することができます:

方法1

  1. SHOPLINE管理パネルから、設定 > 言語 > エクスポートに移動します。
  2. エクスポートされた翻訳シートのデフォルトコンテンツ列で、サイズチャートを検索し、異なる言語の列翻訳コンテンツにコピーを入力します。
  3. 修正されたシートをインポートします。

方法2

  1. UGC多言語ビジュアル翻訳アプリをインストールします。
  2. リソースリストから、Metafieldに移動します。Metafieldページで、サイズチャートを検索してコピーを修正します。
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント