• Topic 主题 トピック Topic Topic
  • Sign in

卸売機能

B2B&卸売ソリューションは、問い合わせサービス、体積価格、および最小注文数量を統合したB2B外国貿易ソリューションです。このアプリは以下のビジネスシナリオを強化できます:

  • オンラインストアと商品の問い合わせ(エンクエリー)サービスを有効にし、顧客の問い合わせを受け入れて管理します。
  • 購入数量に基づいて異なる価格を提供する商品の階層価格を設定します。
    • 体積購入機能を有効にし、商品ごとに顧客が購入できる最低数量を制限するための最小注文数量を設定します。
  • 追加機能:
    • 商品にアクセサリー(取扱説明書や製品価格リストなど)を添付し、ユーザーが製品詳細ページからダウンロードできるようにします。

 

目次

 


 

商品レベルの卸売構成

新バージョンB2B V2.0では、商品次元で以下の卸売関連ビジネス機能を構成できます:

  • 階層価格
  • 商品を一括で販売
  • 最小注文数量
  • 販売方法の指定:単一卸売—単一の規格の購入数量は最小購入数量を満たす必要があり、混合卸売—複数の規格の購入数量は最小購入数量を満たす必要があります。
  • 一括購入モード切り替え
  • 物流情報の設定
注意: 製品管理リストページには一括編集機能も提供されています。リストページで複数の商品を選択し、取引情報、問い合わせスイッチ、および添付ファイルのインポートなどの機能を一括で構成できます。

 

B2B V2.0による商品レベルの卸売構成は、多数の商品を持つストアにとってより使いやすくなっています。各商品の価格情報や卸売関連情報をより便利に管理できます。

具体的には、商品レベルで以下の商品関連機能を設定できます:

  • 商品のお問い合わせ機能を有効にする
  • 商品の階層価格設定機能を有効にする
  • 商品の一括購入機能を有効にする
  • 商品の最小購入数量を設定する
  • 物流情報を設定する

 


 

商品のお問い合わせ機能を有効にする

B2Bアプリでは、商品ページの商品詳細エリアに移動して、商品のお問い合わせ機能を有効にできます。

お問い合わせサービスは主に大規模な卸売シーンに対応しています。問い合わせ者はまずオンラインで大規模な購入の意向を伝え、その後オフラインで取引を行います。お問い合わせサービスを使用するには、必要に応じて以下の機能を設定する必要があります:

  • フォームデザイン
  • お問い合わせ商品の追加
  • ホームページ上のお問い合わせフォーム
  • お問い合わせフローティング

フォームデザイン

お問い合わせサービスを有効にする前に、問い合わせ者が見積もりをリクエストする際に必要な情報(連絡先、タイトル、添付ファイルの有無など)を確認し、要件に応じてお問い合わせフォームを設計し、最終的にウェブページ上のお問い合わせシーンに適用します。

SHOPLINEは、事前に一般的なお問い合わせシーンを参考にしてプリセットのお問い合わせフォームを提供しています。また、独自のビジネスシーンに合わせてカスタマイズすることもできます。

お問い合わせフォームの内容は、以下の手順で設定できます:

  1. B2B&Wholesale Solutionで、設定ユーザー訪問登録設定セクションに移動し、カスタム登録ページを有効にして、登録フォームの設定ボタンをクリックして、対応するページで問い合わせフォームのコンテンツをデザインします。
    2.1.1.png
  2. フォームタイトルを入力します。これは、商品詳細ページと問い合わせフローティングに適用されます。
  3. 問い合わせフォームのコンテンツを構成します。現在、B2B&Wholesale Solutionでは、問い合わせフォームのために以下のカスタムフィールドを構成できます:
コンポーネント名 フロントエンドにフォームを表示 機能(アプリケーションシナリオ)
名前 1行入力ボックス ユーザーは問い合わせページで名前を入力します。
メール 1行入力ボックス

ユーザーは連絡先用にメールアドレスを提供します。

注意:

  • メールコンポーネントには特定の形式検証メカニズムがあります。追加すると、システムは自動的に顧客がこのフィールドにメールアドレスを入力する際に形式を検証します。検証に失敗した場合、フォームを送信できません。
  • お客様からのメール形式に関する特定の要件がある場合は、SHOPLINEのカスタマーサクセス部門に連絡してフォローアップしてください。
場所 固定ドロップダウンリスト + 1行入力ボックス ユーザーは問い合わせフォームで発送先住所情報を入力します。
電話番号 1行入力ボックス

ユーザーは連絡先用に電話番号を提供します。

構成アイテム:

  • フィールドが必須かどうか

注意:

  • 電話番号コンポーネントには特定の形式検証メカニズムがあります。追加すると、システムは自動的に顧客がこのフィールドに電話番号を入力する際に形式を検証します。形式が無効な場合、顧客はフォームを送信できません。
  • お客様の電話番号形式に特定の要件がある場合は、SHOPLINEのカスタマーサクセス部門に連絡してさらなる支援を受けてください。
1行のテキスト 1行入力ボックス

ユーザーは連絡先詳細、名前、WhatsAppアカウント、およびLINEアカウントなどの情報を入力します。

構成アイテム

  1. タイトル:顧客問い合わせフォームの左上隅にタイトルが表示され、そのフィールドに必要な情報が顧客にとって理解しやすくなります。
  2. フィールドが必須かどうか:顧客はこのフィールドを必須にするかどうかをカスタマイズできます。このフィールドを必須に設定すると、顧客が問い合わせフォームを送信する際にシステムがこのフィールドを検証します。空白のままにするとフォームを送信できません。
  3. プレースホルダー:問い合わせページのフィールド内のプロンプト。

これらの3つの構成アイテムが再度表示される場合、簡潔にするために詳細は表示されません。

複数行テキスト 大きなテキスト入力ボックス

ユーザーはメッセージを残し、ニーズなどを記述します。

構成アイテム

  1. タイトル
  2. フィールドが必須かどうか
  3. プレースホルダー
サブタイトル 固定表示テキスト

顧客向けの問い合わせフォームの簡単な説明を提供します。

構成アイテム

  1. テキスト内容
段落 固定表示テキスト

顧客向けの問い合わせフォームの詳細な説明を提供します。

構成アイテム

  1. テキスト内容
添付ファイル ファイルアップロードボックス

ユーザーは、商品問い合わせページでファイルをアップロードして、お客様からの情報や要件を提供できます。

構成アイテム

  1. タイトル
  2. フィールドが必須かどうか
  3. サポートされている添付ファイル形式:現在、12種類の形式でファイルをアップロードできます。PDF、JPEG、JPG、PNG、GIF、DWG、STL、STP、STEP、IGS、RAR、ZIPです。お客様向けにファイルタイプをカスタマイズできます。

注意:

  • サポートされているファイル形式は継続的に更新されます。ご質問がある場合は、SHOPLINEのカスタマーサクセス部門にお問い合わせください。
  1. フォーム送信ボタンのコピーを入力します。これは、商品詳細ページとお問い合わせフローティングに適用されます。
  2. お問い合わせフォームを送信して保存した後、複数のシーンで使用できます。
注意: B2B&卸売ソリューションプラグインが問い合わせサービスを正常に実行するためには、メールや電話番号を含む少なくとも1つの連絡先コンポーネントを保持してください。そうしないと、デザインしたフォームを保存できません。

お問い合わせ商品の追加

お問い合わせ用のフォームを設計した後、お問い合わせサービスを有効にする必要がある商品を管理できます。お問い合わせサービスを有効にした商品のみ、商品詳細ページでお問い合わせが可能です。ユーザーは商品詳細ページに表示される見積もりをリクエストボタンを通じて見積もりをリクエストできます。

商品をお問い合わせ商品として設定する方法は次のとおりです:

  1. B2B&卸売ソリューションで、商品をクリックします。
  2. 商品の追加方法をカスタマイズできます:
  • 1つずつ追加: 商品をクリックして詳細ページに入り、お問い合わせを開くを有効にします。
  • 一括追加: 複数の商品を選択して、お問い合わせを開くをクリックします。

ホームページのお問い合わせフォーム

B2B&卸売ソリューションアプリをインストールした後、ストアのホームページにお問い合わせフォームコンポーネントを追加でき、ユーザーはホームページから直接お問い合わせを送信できます。

注意:
  • ホームページから送信されたお問い合わせフォームには商品情報は関連付けられません。
  • お問い合わせフォームのフィールドは「登録フォーム」と一致します。

 

ホームページのお問い合わせフォームモジュールを次の方法で構成できます:

  1. B2B&卸売ソリューションアプリをインストールします。
  2. SHOPLINE管理パネルから、チャネル>オンラインストア>デザイン>デザインに移動します。
  3. デザインページで、コンポーネントを追加>アプリタブに移動します問い合わせフォーム
    2.3.3.png
  4. 問い合わせフォームコンポーネントをクリックして、コンポーネントのコンテンツ編集状態に入ります。
  5. 右上隅の保存をクリックすると、設計された問い合わせフォームがホームページに反映されます。

問い合わせフローティングボタン

問い合わせフローティングは、B2B&卸売ソリューションアプリによって提供されるユニークな機能です。顧客は選択したページに問い合わせフローティングボタンを表示できます。顧客が問い合わせフローティングボタンをクリックすると、問い合わせフローティングのサイドバーが開き、迅速に問い合わせ情報を入力できます。

選択したページで問い合わせフローティングを有効にするには、以下の手順に従うことができます:

  • B2B&卸売ソリューションアプリで、設定>ショップ表示>問い合わせフローティング/ページヘッダーボタンに移動し、問い合わせのフローティングボタンを有効にします。

表示されるページを構成します: 問い合わせボタンが表示されるページで、ページ選択をクリックします。ページが選択解除されると、問い合わせフローティングボタンは選択したページに表示されません。

2.4 (1).png

 


 

商品の階層価格機能を有効にする

バルク購入に割引を提供する販売方法について、B2Bは階層別価格設定機能を提供します。階層別価格設定プランを構成した後、顧客が指定された階層の閾値に達する商品を購入すると、商品の価格が設定した価格に変更されます。

階層別価格設定を構成する際には、現在の階層の最小購入数量と、現在の購入数量範囲の商品の指定価格を設定する必要があります。アクションを完了するには、対象商品をクリックして、取引設定トグルをオンに切り替え、設定を開始してください。以下の項目に注意してください:

  • 最大5つの数量階層を構成できます。
  • 次の階層の商品数量は前の階層よりも大きくする必要があります。
  • 最初の階層に構成された商品数量は、その商品を購入する最小数量です。たとえば、上記の図では、消費者は少なくとも100個の商品を購入する必要があります。そうでない場合、取引を完了できません。
  • 顧客が最低1つの商品を購入できるようにしたい場合は、最小購入数量が1から始まる階層価格を設定してください。

また、一括で体積価格プランを作成することもできます: B2Bアプリで、商品に移動して商品を一括選択し、取引情報設定を行います。

 


 

バルク購入機能の有効化

B2Bプラグインを使用すると、バンドル、ペア、またはバッチで販売される商品のための体積購入機能を設定できます。顧客が商品をバッチで購入する必要があるか、およびバッチに対応する商品の数量を設定できます。これは主に小売卸売シナリオに対応しており、単一の注文の利益率がコストをカバーするには小さすぎる場合を避けるために、単一商品の最小注文数量を設定できます。

例えば、一括フィールドに1つのバッチに5つの商品を構成した場合、顧客は5、10、15などの5の倍数の商品のみを購入できます。

 


 

各規格ごとの価格設定

ティアド価格プランを設定する際、ボリューム価格の最初のティアに対応する最小購入数量は、取引中にユーザーが購入できる最小数量です。また、ティアド価格を設定せずに商品の最小注文数量を別途設定することもできます。 価格設定セクションで、該当する場合は規格ごとに価格を設定を選択してください。スタイル設定

B2Bアプリでは、最小注文数量に関連する以下の2つの機能構成が提供されます:

  • 最小購入数量: 現在の商品の最小購入数量を制御します。最小数量は1であることに注意してください。
  • 適用される最小購入金額: 最小購入数量の検証ルールを制御します。
    • 単一規格: チェックアウト時、各商品スタイルの購入数量は最小購入数量以上である必要があります。
    • 単一商品: チェックアウト時、単一商品のすべてのスタイルの総購入数量は最小購入数量以上である必要があります。

構成の適用される最小購入金額項目で単一商品を選択すると、同時にバルク購入モードをオンにすることもできます。

 


 

ロジスティクス情報の設定

現在の商品のロジスティクス時間枠を構成することで、ユーザー向けの見積もり配送時間を設定できます。この機能を有効または無効にすることができます。有効にした場合は、ティアド価格プランの構成方法をご確認ください。

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント