• Topic 主题 トピック Topic Topic
  • Sign in

商品管理

 

ユーザーがスムーズなオンラインショッピング体験をするためには、商品情報が購入意欲を高めることが重要です。この記事では、商品構成に関する詳細情報と提案を提供します。

 

目次

 


 

基本商品情報の設定

必要に応じて、商品の詳細を入力するために商品の追加または商品の編集ページに移動できます。

  1. SHOPLINE管理パネルで、商品をクリックして商品の追加を選択するか、特定の商品の編集ページにアクセスします。
  2. 基本商品情報を設定します。
    1.2.1.png
    • 商品タイトル
      • フォーマットの考慮事項:ブランド、モデル、規格、主要な商品キーワード、色、アクセサリー、使用シナリオ。
      • タイトルを70文字以内に保つ。
      • 可能な限り人気のある検索キーワードを使用する。
    • 商品説明
      • 簡潔にし、商品の利点やユニークセリングポイントを強調する。
      • タイトルからキーワードを繰り返さないようにする。長尾のキーワード、規格、または同義語の使用を検討する。
      • サービス保証やプロモーションオファーを含める。
      • 説明を強化するために動画、画像、GIFを使用する。
      • SHOPLINEのAI機能を活用して、商品説明の作成プロセスを自動化することもできます。複数の商品キーワードを入力すると、システムが選好するトーンやメッセージングスタイルに応じて、情報豊かで適切な説明を自動生成します。
        1.2.2.png
    • 商品説明の編集
      • 画像や動画のアップロード、テキスト編集をサポートするリッチテキストエディタに直接情報を編集または貼り付けることで、商品説明を強化できます。必要に応じて画像の高度なオプションを使用したり、コードの編集を行ったりすることもできます。
      • 画像のアップロードと編集機能:切り取り、回転、ミラーフリップ、リサイズ、明るさの調整、シャープ化、コントラストの調整など。
      • 画像をアップロードする際にピクセルサイズを調整する。
      • 画像をダブルクリックすると、高度な編集オプションが表示されます。
      • コード編集機能:HTML、CSS、JavaScriptを含むコードの編集とコピーをサポートします。
      • リッチテキストエディタ内の<> ボタンをクリックしてコードにアクセスできます。既存のコードを変更したり、他のウェブページからコードをコピーしたりできます。
      • 挿入機能:画像、動画、リンク、シートの挿入をサポートします。
      • テキスト編集機能:フォントサイズ、色、太字、配置の調整が可能です。
    • 商品画像/動画のアップロード方法(4つ):
      • 画像を追加をクリックして、コンピューターから画像を選択してアップロードします。
      • 指定されたエリアに画像や動画を簡単にドラッグアンドドロップします。
      • 動画URLを追加をクリックして、YouTubeの動画リンクをコピーしてアップロードします。
      • マルチメディアファイルを追加をクリックして、ファイルライブラリにアップロードされた画像/動画を選択します。
    • 商品画像/動画の編集:
      1.2.3.png
      • 最初にアップロードされた画像は、ストアフロントの商品詳細ページでカバー画像として使用されます。画像の位置を変更するには、画像の右上隅にある6つの点アイコンを保持し、好みの順序にドラッグします。
      • プレビューをクリックして、フルサイズの画像を表示します。ALTテキストを編集し、短い説明を追加することで、ウェブサイトの検索最適化を向上させ、視覚障がいのあるユーザーのショッピング体験を向上させることができます。画像の編集では、切り取り、反転、回転などのオプションがあります。
      • ファイルを削除するには、単純に選択して削除をクリックします。
    • 商品のバリエーションを編集する
      • バリエーションタイプを追加する
        • 商品バリエーションを追加ボタンをクリックして、バリエーションタイプを追加します。カラー、サイズ、素材、スタイルなどのプリセットバリエーションタイプから選択するか、パターンやターゲットオーディエンスに適したカスタムバリエーションを作成できます。
        • 最大5つのバリエーションタイプを作成できます。
      • バリエーション値を追加する
        • 各アイテムのバリエーション値を入力します。例えば、サイズの場合、"XS、S、M、L"を追加できます。
        • 次の値を追加するには、各値の後にEnterキーを押します。
        • すべての値を入力した後、SKUリストは、バリエーション値を一致させて自動的に対応するSKUを作成します。
        • 現在、各商品は最大500のSKUを生成できます。詳細については、商品バリエーションを参照してください。
    • 商品価格を設定する
      • 商品価格は、商品に適用される料金です。送料や税金を考慮せずに価格を入力するだけで大丈夫です。これらは別途設定できます。
      • 定価: 商品をユーザーに請求する価格です。通貨は、SHOPLINE管理パネルの設定 > 基本設定で設定できます。詳細については、支払い通貨を参照してください。
      • 比較価格: 現在プロモーション中の商品の定価です。商品を割引価格で提供する場合、ユーザーが比較のために元の価格を見ることができます。元の価格が販売価格よりも高い場合、比較価格は商品がセール中であることを示し、元の価格は取り消し線で表示されます。
      • 商品コスト: 商品またはそのバリエーションの製造または取得にかかるコストです。例えば、商品を転売する場合は、税金、送料、その他の料金を除いたメーカーへ支払った価格を入力します。自社製品を作成する場合は、労働と材料費に基づいた価格を入力できます。
      • 利益とマージン: 定価と商品コストが入力されると、利益とマージンが自動的に計算され、商品情報に表示されます。
      • 税金の必要性: 商品に課税される場合は、税金オプションを選択します。ビジネス戦略に応じて、商品価格に税金を含めるか除外するかを選択できます。税金は、ユーザーが見えるように、チェックアウトページに表示されます。税金の設定について詳しくは、SHOPLINEストアの税金の設定と管理を参照してください。

 


 

商品プロパティの設定

特定のニーズに基づいて、商品を追加または編集ページで商品のプロパティを入力できます。

  • 商品ステータス:商品が有効化されているか無効化されているかを指定します。商品が有効化されている場合、この商品はストアフロントで購入可能になります。
  • フルフィルメント:配送が不要な商品にはフルフィルメントが必要を無効にします。たとえば、電子ギフトカードは配送が必要ありません。
  • 販売チャネル:
    • 販売するチャネルを選択します。たとえば、商品がオンライン販売専用の場合は「オンライン」を選択し、他のチャネルを除外します。
    • 指定した時間に商品の発売日時を事前に設定するには、発売時間を設定をクリックします。指定した時間にシステムが自動的に商品を有効化し、ストアフロントで購入可能にします。これにより、ピークショッピングシーズン中に新しいコレクションを発売したり、期間限定の商品オファーを発表したりする際に、特に視認性と影響力を最大化できます。さらに、ピークシーズン中に事前に商品をアップロードしてリソースの割り当てを最適化し、業務を効率化できます。
  • マーケット:販売する国と地域を管理します。詳細については、マーケット管理を参照してください。
  • SPU:特定の商品の一意の識別子を入力します。広範な商品タイプまたはカテゴリレベルで在庫を整理および追跡するのに役立ちます。
  • ベンダー:商品の製造元またはブランドを入力します。各商品には1つの製造元またはブランドのみを持たせるべきです。
  • タグ:商品タグを使用して、商品を効果的に管理、識別、セグメント化するのに役立ちます。季節商品(たとえば夏)、ユニークな商品特徴(たとえば防水)、または販促目的(たとえばセールクリアランス)など。新しいタグを追加するにはEnterキーを押すか、すべてのタグを表示をクリックして既存のタグリストから選択します。1つの商品につき最大250個のタグを追加できます。
  • 商品タイプ:既存のリストから該当する商品カテゴリを選択するか、独自の商品タイプを追加します。各商品には1つの商品カテゴリと商品タイプのみがあります。
    • 商品カテゴリは、商品の事前定義されたカテゴリであり、FacebookやGoogleなどの標準化された商品タイプを必要とする他のチャネルで商品を販売するプロセスを容易にするために使用されます。商品カテゴリの例は、アパレル&アクセサリー>衣類>アウターウェア>コート&ジャケットです。
    • 商品タイプまたはカスタム商品タイプは、SHOPLINEの標準商品カテゴリを使用せずに作成および使用できるカスタムカテゴリの定義方法です。たとえば、「デニムコート」は商品タイプです。
  • コレクション:
    • 商品にコレクションを割り当てる前に、まずコレクションを作成してください。詳細については、商品コレクションを参照してください。
    • 1つの商品は複数のコレクションに同時に含まれることができます。特定のコレクションが割り当てられていない場合、自動的にデフォルトの「すべての商品」コレクションに追加されます。
  • 検索エンジン最適化:
    • 製品ページのタイトル、メタ説明、URL、およびSEOキーワードを入力するには、編集ボタンをクリックできます。詳細については、SEOおよび画像属性の編集を参照してください。
    • ページタイトル:タイトルは検索結果でクリック可能なリンクとして表示されます。顧客の興味を正確にターゲットにするためにカスタマイズできます。最大70文字までサポートされます。
    • 説明:商品コンテンツを1文で要約します。製品を紹介する詳細な説明を書いてください。メタ説明の長さは異なる場合がありますが、Googleは通常、155〜160文字に切り捨てます。
  • 在庫:
    • SKU(商品番号):商品を識別するために使用されるコード。各SKUは効果的な追跡と販売レポートのために一意である必要があります。
    • バーコード(ISBN、UPC、GTINなど):バーコードは一般的に流通業者によって使用されます。識別子は新しいまたは既存のGlobal Trade Item Number(GTIN)である必要があります。一部の販売チャネルでは製品リストにGTINが必要です。
    • 在庫ポリシー: 注文数を追跡完売時に販売を継続 を有効にするかどうかを選択できます。詳細については、在庫管理 を参照してください。
  • 重量:重量は商品の実際の重量を示します。ギフトカードや配送不要の商品を販売する場合は、このフィールドを空白のままにしておくことができます(重量はデフォルトでゼロに設定されます)。
  • 出荷元:商品の出荷元または発信地を指します。これは税関手続きのために必要な重要な情報であり、製造国または商品の起源を税関当局が判断し、輸入関税、税金、関税の計算、貿易協定や規制の遵守に役立ちます。
  • 調和システム(HS)コード:これは商品に割り当てられた標準化された数値コードで、税関および課税目的で商品を分類するために使用されます。HSコードは世界中の税関当局によって使用され、輸入および輸出商品に適用される関税、税金、その他の貿易規制を決定するのに役立ちます。
  • 配送方法:これはストアのデフォルトの配送方法を指します。これは、設定配送と配達 で構成した設定に基づいて決定されます。詳細については、SHOPLINE配送プロファイルの設定 を参照してください。
  • 商品推薦:オンラインストアに「おすすめ商品」として補完的な商品を提案する「おすすめ商品」セクションを表示することができます。特定の商品を手動で選択して推薦するか、他の商品と一緒に表示するか、または高度なAIアルゴリズムを活用して推薦を効果的に管理することができます。詳細については、商品推薦 を参照してください。
  • 商品アーカイブ:アーカイブされると、商品は「非アクティブ」にマークされ、対応する販売チャネルに表示されません。再販する場合は、商品 モジュールで再度アクティブ化できます。
    2.0.png

 


 

商品の一括編集

商品の状態を変更したり、複数の商品を削除したり、製品属性を効率的に管理するために、一括編集で編集することができます。編集するために一括編集モードに入ることもできます。以下の手順に従ってください:

  1. SHOPLINE管理パネルから商品をクリックします。
  2. 一括編集したい商品を選択します。
    3.2.png
    • 一括で有効化/無効化:商品を一括で有効化または無効化します。
    • 一括編集をクリックして、販売価格、定価、重量などをポップアップウィンドウで素早く調整できます。
  1. または、視認性と編集のために直接一括編集モードに入ることもできます。右上隅にある列を編集をクリックして、カスタマイズするフィールドを選択します。
    3.3.png

 


 

規格の一括編集

商品に複数の規格がある場合、SKU、在庫、重量、定価/販売価格、規格の並べ替えを変更するために一括操作を行うことができます。以下の手順に従ってください:

  1. SHOPLINE管理パネルから商品をクリックし、変更したい規格の製品編集ページにアクセスします。
    4.1.png
  2. 関連する商品規格を選択し、在庫の変更価格の変更その他のアクションから選択して、販売価格、定価、在庫、重量、または一括で値をクリアします。 その他のアクションメニューには以下のオプションがあります:
    • 製品重量の編集
    • 画像の設定
    • 在庫追跡
    • 税金
    • 在庫切れ時の販売継続
    • SKUの変更
    • HSコードの変更
    • 配送国の変更
  3. または、希望の規格を選択した後、変更のために直接一括編集パネルに入ることもできます。右上隅にある列を編集をクリックして、カスタマイズするフィールドを選択します。

 


 

その他の商品プロモーション戦略

商品オプションカスタマイザー&商品バンドラーおよびB2B&卸売ソリューションアプリは、SHOPLINEアプリストアで利用可能で、カスタマイズされた商品オプションや問い合わせモードを設定できます。以下は手順です:

  • 商品オプションカスタマイザー&商品バンドラー: このアプリは、カスタマイズが必要な商品カテゴリーに適しています。たとえば、衣類、宝飾品、眼鏡、家具などです。以下のビジネスシナリオを可能にします:
    • 画像、テキスト、色、シート、ファイルなど、商品のさまざまなカスタマイズオプションを提供し、個人のショッピングニーズに応えます。
    • 商品に対して多レベルの関連オプションを設定し、上位オプションがサブオプションの内容を指示することで、複雑なカスタマイズシナリオに対応します。
    • バンドル商品を作成し、1つとして販売することで、顧客に認識される価値を高め、追加販売を促進します。
    • 詳細については、カスタマイズの最大化:商品オプションカスタマイザー&商品バンドラーのガイドを参照してください。
      6-1 POD app.png
  • B2B&卸売ソリューション: このアプリは、問い合わせサービス、階層価格、最小注文数量を包括的なB2Bソリューションに統合します。以下のビジネスシナリオをサポートします:
    • 問い合わせ:オンラインストアと商品のための問い合わせサービスを有効にし、顧客からの問い合わせを受け入れて管理します。
    • 卸売機能をアクティブ化し、以下を含む:
      • 体積価格:購入数量に基づいて異なる価格を提供し、商品の単価が購入数量が増えるにつれて低下します。基本的に、顧客は商品を大量に購入することで割引を受けます。このアプローチは大量購入を促進し、顧客に一度により多くの商品を購入するように促すためによく使用されます。
      • 最小注文数量(MOQ):顧客が1回の注文で購入する必要がある商品の最小注文数量を設定します。最小注文数量を満たすことは、特定の価格割引を受けるために必要であったり、生産要件を満たすためであったり、供給業者と購入者の両方にとって経済的に妥当な注文を確保するためである場合があります。
    • 追加機能
      • 商品に補足資料を添付(たとえば、取扱説明書、商品価格リスト)し、製品の詳細ページでユーザーにダウンロード可能なファイルを提供します。
    • 詳細については、B2B&卸売ソリューションを参照してください。
      6-2 B2B app.png
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント