• Topic 主题 トピック Topic Topic
  • Sign in

メンバーシステム - ギフトカードの設定

メンバーシステムアプリを使用すると、ストア用の独占的なギフトカードを設定でき、顧客が自分用に購入したり直接他人に贈ったりできます。これにより、ブランドの開発が促進され、ブランドのギフティング体験が生まれます。

 

目次

 

ギフトカード機能の有効化/無効化

ストア内のギフトカード機能を有効または無効にできます。

ストアのギフトカード製品情報を設定した後は、ギフトカード機能が有効になっていることを確認してください。

メニュー内のギフトカードセクションの右側にある緑色の点が点灯しているか、ギフトカードページ内のスイッチが「オン」の位置にある場合、ギフトカード機能が現在有効になっており、ギフトカードをストア内で購入および配布できます。

ギフトカード機能を有効にするには、ギフトカード > 現在のステータスに移動し、有効にするをクリックします。

既に有効になっている場合は、ギフトカード機能を無効にするには、このボタンを再度クリックできます。

ギフトカード機能が無効になっている場合、メンバーシステムから自動的に発行されるギフトカードは顧客に送信されません。ただし、有効期限内の既存のギフトカードは、注文時に顧客が使用できます。

注意: ストアの 商品管理セクションにあるギフトカード商品は、無効にしても自動的に削除されません。商品を手動で削除する必要があります。

 

ギフトカード情報の設定

メンバーシステムのギフトカードの情報を設定および変更するには、以下の手順に従います:

  1. メンバーシステム > ギフトカード > ギフトカード情報に移動して、ギフトカード商品情報を設定します。
    • メンバーシステム は、直接 作成 をクリックすることで使用するための事前設定された商品タイトル、説明、およびメイン画像を提供します。
    • また、独自のタイトルと説明を入力し、メイン画像を変更してストアに合わせることもできます。ギフトカード商品を作成した後、ストアの管理パネルの商品管理ページで対応するギフトカード情報を確認できます。
    • 前述の商品情報および第2ステップのバリアント情報を含む、ギフトカード関連情報を メンバーシステム 内で変更することをお勧めします。

  1. メンバーシステム > ギフトカード > ギフトカードバリアントに移動して、ギフトカードバリアント情報を設定します。
  • ギフトカードに対応するバリアント情報を設定する必要があります。バリアントは、ギフトカードバリアントに関連する説明情報であり、価格はこのギフトカードのバリアントの販売価格に対応します。
  • 例: ギフトカードバリアントを50と入力し(USD 50のギフトカード額面を表す)、価格を50と指定します(このギフトカードの販売価格はUSD 50です)。

注意: ユーザーがストア内でギフトカードを購入し、支払いを完了すると、メンバーシステムはギフトカードをユーザーに発行し、ギフトカード内の金額はここで設定された販売価格に対応します。

 

ギフトカードの有効期限の設定

販売後のギフトカードの有効期限を設定でき、有効期限が過ぎると使用できなくなります。ギフトカードの有効期限を効果的に管理することで、ユーザーがギフトカードを使用して購入することを促進できます。

次の場所に移動します:メンバーシステム > ギフトカード情報 > 有効期限設定 > 編集

ストアの要件に応じて、ギフトカードの適用可能な有効期限を設定し、変更を保存できます。

ギフトカードを永久に設定して、販売後も無期限に使用可能にすることもできます。

また、12か月などの一定期間に設定することもできます。この場合、ギフトカードは購入日から指定された期間だけ有効です。カードが発行されると、ユーザーに指定された有効期限日が通知されます。

注意: ギフトカードの有効期限は発行時の設定によって決まります。そのため、ギフトカードが発行された後に有効期限を変更することはできません。


 

ギフトカードのポップアップの設定

ユーザーがギフトカードを購入する際に表示されるポップアップを設定できます。

次の場所に移動します:メンバーシステム > ギフトカードポップアップ

ストアのニーズに応じて、ギフトカード購入ポップアップのタイトル、説明、ギフトボタンのテキスト、カートに追加ボタンのテキスト、およびポップアップ画像を設定して変更を保存します。

ポップアップ画像には、最大5枚の画像を選択できます。選択した画像は、ユーザーがギフトカードを購入する際に表示されます。購入時、ユーザーは選択した画像の中から1枚を選び、その画像は受取人に送信される際のギフトカードと一緒に受取人のメールに表示されます。

注意: 以前にギフトカードの受取人メールを保存している場合は、編集して再保存する必要があります。そうしないと、ギフトカードの画像選択がユーザーに表示されず、デフォルトの画像のみが表示されます。

 

プッシュメール

メールプッシュ機能を使用すると、特定のシナリオでユーザーに自動的にメールをプッシュできます。ギフトカード設定ページでは、ギフトカード関連のシナリオでメールプッシュ通知がトリガーされるかどうかを簡単に設定できます。

  • メールプッシュのオン/オフ: 現在、ギフトカード設定セクションでは、特定のシナリオでユーザーに自動的に送信される4種類のメールが提供されています。チェックボックスをオンにすることで、各特定のシナリオでメールを送信するかどうかを決定できます。
    • メールタイプ1: ギフトカード受取人へのメール。ユーザーが他の人のためにギフトカードを購入すると、支払い後にギフトカードが受取人に送信されます。
    • メールタイプ2: 購入者確認メール。ユーザーが他の人のためにギフトカードを購入すると、ギフトカードがギフトカード受取人に送信された後に購入者に通知されます。
    • メールタイプ3: ギフトカード有効期限通知。ユーザーのギフトカードが期限切れ間近の場合、期限切れの5日前に通知がデフォルトで送信されます。
    • メールタイプ4: ギフトカード購入。ユーザーが自分自身のためにギフトカードを購入すると、支払い後にギフトカードがユーザーに送信されます。
  • メールを編集する場合は、該当のメールにカーソルを合わせて編集をクリックしてメール編集ページに移動します。
  • 詳細はその他をクリックしてメールプッシュページに移動します。

 

ギフトカードのプレビュー

ギフトカードを設定した後、ストア内でユーザーが見るギフトカードの詳細ページをプレビューできます。

手順:メンバーシステムギフトカードプレビュープレビュー をクリックして、ギフトカードの商品詳細ページを表示します。

 

ギフトとして送信

メンバーシステム のギフトカードは、ユーザーが直接購入して他の人にギフトとして送ることができます。

ユーザーの購入パス: 商品詳細ページギフトとして送信

メンバーシステムギフトカード モジュールで作成されたギフトカードは、自動的にギフトとして送信するオプションが付いています。

ユーザーが メンバーシステム のギフトカードの商品詳細ページに入ると、 ギフトとして送信 をクリックし、ポップアップウィンドウを介して贈り物の情報を入力できます。 ユーザーは受取人にメッセージを書き、表示したい名前を指定することができます。 さらに、ユーザーはポップアップウィンドウ内で画像を選択する必要があります。 この画像は、受取人に送信される際に受取人のメールに表示されるギフトカードと一緒に表示されます。

決済が完了すると、メンバーシステムは迅速かつ自動的にギフトカードを受取人に配布し、ユーザーにメールで通知します。

 

注意:
  • 配布されるギフトカードの価値は、メンバーシステム内で設定された販売価格に対応します。
  • ギフトカードとメールは自動的にユーザーに送信されますが、ストアオーナーは注文ステータスを手動で発送済みに更新する必要があります。

 

ギフトカードの使用方法

ユーザーはギフトカード番号を割引コード入力欄に入力し、適用をクリックして、有効なギフトカードの残高を使用できます。

Group 3558265.png

ユーザーは、ギフトカードメール内のギフトカードを表示をクリックするか、メンバーシステムコンポーネントからギフトカード番号を取得できます。

Group 3558276.png



他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント